天気の変動が少なく食べ物もおいしい秋は、キャンプのベストシーズン。肌寒い空気のなか、焚き火を囲み、秋の味覚を堪能する。そんな静かなで贅沢なグルメキャンプを満喫するべく、アウトドア料理のレシピを発信するサイト「ソトレシピ」の千秋広太郎さんとともにドライブへ。自身も大のアウトドア好きだという彼は、学生時代には千葉から北海道までの自動車旅や東南アジア横断を達成。アウトドアの現場が仕事となった現在も、公私ともに全国のキャンプ場をクルマで巡るなどアクティブな毎日を過ごしているそう。

車中で他愛もない話に花を咲かせていると、本日の目的地である軽井沢へ到着。豊かな自然が溢れるこの地区は、目的地へ向かう車中からも美しい自然を堪能できる、まさにオススメのドライブスポットだ。軽井沢駅周辺には、大型ショッピングモールや古きよき散歩道、老舗ホテルなど、上質で洗練された観光名所が充実しており、街全体にゆっくりとした時間が流れている。

都心からのドライブを経てはじめに降り立ったのは、絶景が望めるカフェ。ふぅと深呼吸をすると冷たい空気が体を巡り、眠気がスッと吹き飛んでいく。赤、橙、黄に色を染めた美しい木々を眼下に眺めながら、コーヒーとともに小休憩。「職業柄クルマ移動が多いですが、あくまで荷物を運ぶギアとしての付き合い。運転そのものを楽しく感じたのは久びさです」と、M Sportのスポーティな走りを体感。さて、クルマに乗り込みナビをセット。目的地まであと5分だ。

高速から林道での細かなカーブを走り抜け、今回の最終目的地であるキャンプ場「ライジングフィールド軽井沢」に到着。仕事柄大量のキャンプギアと調理器具を積み込むため、クルマもキャンプギアのひとつだと語る千秋さんだが、M Sportのスポーティな走行性は新鮮に感じたようで、「後部座席に積んだ大量の荷物の重さを感じさせず、加速がとてもパワフル。走りが安定しているからか、高速道路での長時間の運転でも疲れにくいような気がします」と、にこやかに答えてくれた。千秋さんから太鼓判をもらった積載スペースには、荷物がぎっしり。「リヤのシートを倒すだけで、だいぶ空間が広がりますね。ここまで大量の荷物を積み込めるのに驚きました。大人がふたり乗っても余裕です」。

早速荷物を下ろし、サイトを完成させたら、いざクッキングスタート。手際よく料理を仕上げていく手元につい釘付けになっていると、気づけば香ばしい香りが一体を包んでいた。今宵のディナーはこちらの2品。ブラジルの「フィジョアーダ」と呼ばれる煮込み料理と、焼き立てのサンマを丸ごと使ったまぜご飯。キノコにサンマと秋の旬の食材をふんだんに使った料理を囲み、いざ実食。

辺りもうっすらと暗くなり、焚き火を囲みながら、贅沢なアウトドア料理を味わっていると、心地よい風が身体を包んでいく。いつもの雰囲気とは異なる大人のグルメキャンプに「家族や大人数で過ごす時間もいいですが、たまには大人だけの静かな夜もいいですね。

こんな風に焚き火越しに愛車を眺めるって、至福のひとときじゃないですか。お気に入りのクルマならなおさら、まじまじと見てしまいますね(笑)」と、千秋さん。軽井沢で過ごす贅沢なグルメキャンプは、心と身体も開放するゆったりとした大人旅となった。

撮影スポット

この投稿に登場したモデル

あなたにおすすめ

MORE