桜の季節を迎え、薄手のシャツでも過ごしやすい気候が続くこの時期は、とっておきの息抜きを。特に、環境が変わり新生活を迎える4月は何かとストレスが多いもの。そんなときは、愛車でのロングドライブで美しい情景を求め、癒されてみては? 今回は、こだわり女子にオススメの休日の過ごし方にフォーカスしました。

今回の主役は、美容・文筆・広告などの分野で多忙な日々を過ごす福本敦子さん。たまには都会の喧騒をはなれ、美しい景色に心を洗われたい! ということで、桜を求めて、今回のパートナー・BMW 118dとともに千葉県を目指しました。最初に訪れたのは、桜めぐりの“おとも”を求めて、千葉県成田市にある、なごみの米屋總本店へ。

大人気の「なごみどら焼(税込151円)」に興味津々の福本さん。
江戸情緒のある成田山表参道の一角に所在する当店は、明治32年創業以来の精神を引継いだ技術で“千葉の和菓子”を牽引してきた老舗。日頃の疲れを癒やしてくれるのは、甘くて美味しい和菓子。看板商品の栗羊羹と大好きな餡子饅頭を抱え、次の目的地を愛車で目指します。

千葉県郊外では、ソメイヨシノが空を覆いつくす圧巻の景気が広がっていました。
都心よりも一足早い春の訪れに心を踊らせつつ、まるで映画のワンシーンを思わせるよう小道を愛車で駆け抜けます。時折、満開の桜が左右に並ぶ「桜のトンネル」に出会うこともでき、ドライブが一層豊かな時間に。BMW 118dの颯爽としたフォルムも、桜並木にマッチしています。

ひとしきりドライブを楽しんだところで、桜と自然の緑が鮮やかなコントラストを生み出す公園で小休止。コンパクトな車体なだけに、小回りもきくので駐車もラクラク。ちょっとしたデコボコの路面でも、やさしく落ち着いた乗り心地を与えてくれます。

さて、満開の桜を横目に、なごみの米屋で購入した餡子饅頭を味わいます。多忙な日々を過ごしているからこそ、こうした上質な時間がより特別なものに。この時期の千葉県では、ソメイヨシノだけでなく、ヤマザクラやマメザクラなどの桜を目にすることができました。

続いて訪れたのは、のどかな田園風景が広がる千葉県白井市の「今井の桜」。金山落(かなやまおとし)と呼ばれる、2kmの河川堤に沿って続く桜並木はまさに絶景。喧騒とは無縁の穴場で、ひとりのんびりと過ごす時間もまた、贅沢なひととき。

一面桜色の情景にうっとりの福本さんは、咲き誇る桜の花びらや川面に映る様子をスケッチ。福本さんが写真を撮るのではなくスケッチを選ぶ理由は、手を動かして記したほうが、情景を鮮明に記憶できるからだそう。舞い散る花びら、桜を見にやってきた人々の表情。洞察眼を光らせ、言葉と一緒に情景を収めます。仕事を忘れてやってきたはずが、職業柄かスケッチに夢中のご様子。

スケッチに集中していたら、いつの間にか夕暮れ時に。この時期しか見ることのできない美しい情景に後ろ髪を引かれつつも、帰路へとつきます。帰り道のロングドライブでは、どんな景色が楽しめるのでしょうか。都心の桜こそ時期が過ぎてしまいましたが、美しい情景は案外身近にあるもの。いっそう特別な休日にするため、桜前線を追いかけ、穏やかな春の気分にぴったりな時間を過ごしてみてはいかがでしょうか。

撮影スポット

この投稿に登場したモデル

あなたにおすすめ

MORE